ゆく年くる年

今年も数えるところ数十分。
名古屋の実家へMacを持ち込んでポチポチ打ち込んでる今ですが、後ろでは紅白歌合戦で演歌が流れ(今年は珍しく紅白を見てるのです)、今年も後少しでほんとに終わりか〜って雰囲気が流れております。

今年も仕事とプライベートともに、色々と出来事があった一年だったけど、どっちかって言うと仕事の方の環境変化の方が大きかったかな。プライベートの方は相も変わらず、休日は昨年以上にひきこもりに磨きがかかり(苦笑)、オンラインの友達方々色んな人にお世話になった一年だったと思います。この場を借りて、お礼申し上げます(ぺこり

なんだかんだで、のんびりと「そのときやりたい事をじっくりやる」ていうスタイルは変わらず、昔よりもそれが出来るようになってきた事は、何よりも幸せなんじゃないかな〜と思う事しきり、もちろん自分がそれをする事で周りの人に色々と迷惑とかかけちゃったりとかそゆこともあるだろうけど、カゲながらフォローしてもらってる事も含めて、ほんとありがたい事です。

毎年「何かしなきゃ!」みたいに思う事もあるけど、逆に特に変化無く、日々を楽しく過ごせているのもある意味幸せな事なんだな〜と振り返る今年の末でございます。
そんな訳で、本年中にお世話になった皆様方へお礼を添えつつ、今年一年ありがとうございましたと、新年もよろしくお願いいたします。

おおみそか。

某アマゾンからのおすすめメールの中身はアイマス関連商品ばかりのけろです。(しかも持ってるモノばっかしおすすめされてるのがいろんな意味で泣ける)

さて、今年も残すところ、あとちょいですが今年のやり残しは全て終わりましたか?個人的にはやり残してること、た〜くさんだけど来年でもいいやって感じのそんな大晦日、いかがお過ごしでしょうか?

さてさて、昔は大晦日、お正月と言えばなんか特別な…そんな日だったんですが、ここのところは、なんか微妙な感じでして、個人的には年末年始は単なるちょっと長めの連休だ、ぐふふ的な扱いになってきてるんですなぁ。
歳を取ったせいか、それとも単に無精度が増しただけか、そこんとこの理由は分かりませんけどもなんかこう、大晦日だけでなくて年間通じて季節感を感じなくなったという感じ。行事的なものは意外にもそれなりにこなしてるんだけどもね。
ここんとこほんと1年間が過ぎて行くのもなんかあっという間だし、振り返るといろいろあったんだけどいろいろなかったようなそんな今年1年で。いや〜単に良い事も悪い事も忘れちゃってるだけなのかな〜加齢のせいで?(失礼な)
というか去年もその前もなんかそんな感じだったような…思い出せない…加齢のせい?(しつこいw)
のんべんだらりと変わらない日々、でもまあ、なんていうか、こゆのが案外と幸せなのかもしれません。んふ〜なんか年寄りくさいなぁ…ってな具合です。

さてさてさて、いろんな事でとても無精した今年1年。勝手気ままに好きなようにさせてもらいました。そんな訳で懲りずにお付き合い頂いてる人にも、なんとなく疎遠になっちゃった人にも、皆様ひっくるめて、いろんな人にた〜くさんご迷惑をお掛けしました。そんな皆様にはこの場を借りて感謝を。
「ありがとうございました!!」
そして来年もまたこんなけろですが
「よろしくお願いします」
で本年のフリトを〆と致したいと思います。それでは、良いお年を〜。

追録:07年の思い出(抜粋)
1月・イーサンを戯れますと言いながら、実はアイドル育てたりしてた。
2月・たぶん1月と同じ。そして三浦が好き、今もな?
3月・ヴァナで戦士がまあ一人前?になった。たぶん凄い。
4月・初DLCをしてしまう。ゲイツポイントの価値がどうでもよくなった。
5月・オアフ島をさらっと走って、がっつりテロリストと戦った。
6月・鋼の猟犬になったり、マイカーにペイントしたりした。
7月・ごっついよな、おぶりのメルって…をやった。
8月・いろいろやってたけど…一番は鋼の猟犬で正々堂々としてない認定を受けた。
  ・いざめるカーとか貰ったりした。
9月・マックもろて似非マカーに。あとあずささんに名前呼ばれた!
10月・イルミナスの野暮った。
11月・天使とダンスした。
12月・くんふーが足りずそして10年早かった。
   ・ 固くなるほど薄着になるエルフで恋人の変異したキュリアンを容赦無く倒した。

はい、クリスマス小話。

降り始めた雪が白く白く街を染めていく。今宵だけは皆がそう望む12月の聖夜前日。
「雪は嫌いだし。積もってるとこ見てるだけなら好きだけど。」
「…いつかは溶けて…消えてしまうから。」
ベンチに座る少女、それを見つめる少女…二人。その姿はどこか寂しげで。

「あら?めずらしい。今日は一人なの?」
慌しい12月の喧騒の中で更に慌しい、だけどいつもの山猫亭。名物女主人のクエスラ(永遠の28歳ですわん)は、カウンターでその喧騒を眺めていたニューマンの少女、メル=フェインに声を掛けた。
「む、忘れようとしてた事をあえて言うなんて!酷い!」
少し頬を膨らませたメルは、しかし、すぐに笑顔になった。
「えへ、冗談だよ。今日は、いっちゃん古いお友達とお約束でお出掛け中で~す。だからお留守番で~す。」
それを聞いたクエスラは意外そうな顔で口を開く。
「へぇ…てメルちゃん、どうしたの?そんな聞き分けの良い事いうなんて!!」
クエスラは続ける。
「…基本的にメルちゃん、そんな時は『やだ~一緒にいてよぅ』とか言うのが売りじゃない?」
今度はほんとに頬を膨らませたメルが言い返す。
「むぅ、めるだってそこへんはちゃ~んとわきまえてるんだから。」
「わ…わきまえてる…ですってぇ?メルちゃんの辞書にはそんな言葉ないかと思ってたのに!」
クエスラは大げさに驚くフリをして、ペロリと舌を出した。
「ま、冗談はさておき、メルちゃんも少しだけ大人になったって事ね。んじゃ今夜は私がお相手…」
「ん、大丈夫。いっちゃん夜には戻ってくるから!…たぶん。」
メルはそう言うと突然席を立ち、帰ると告げるとまっすぐ扉に向かう。そしてくるりと振り向きウインクをひとつ。
「クエスラさん!…あえないじかんが、あいそだてるのさ!」
満足げにむひっと笑うとメルは颯爽と喧騒の街へ。
「…なんで今時期、ゴゥなの?…あとお勘定…。」
毎年レギュラー出演のクエスラも今年はこれで出番が終わったのであった。

店を出て見上げると雪…粉雪。みるみる歩道が白くなっていく。毎年きちんと天候管理公社は、この日、この時間に雪を降らす。一人で見る雪、二人で見る雪、どこか違うなぁ。ん…くえすらさんにあ~は言ったもののやっぱ寂しいなぁ。んや…待つ事を楽しむのも二人だからこそ。そう思ってめるは家路を急いだ。ん、なんだろうあれ?
「だから、別れましょ…そう言ってるんだし?」
一人は…ニューマン?金髪でロングで…どことなくめるに似てる?ていうかそっくりかも。
「承服出来ない。どうして今になって。納得の行く回答を要求する。」
もう一人は…あんどろいど…じゃなかった。近頃キャストって呼び方に変わったんだっけ?
「…回答なんかないし。…とにかく別れる、今すぐ!」
「いつもキミは…と言っても…今は興奮状態のようだね。とりあえず”今”は帰るよ。また落ち着いた頃に連絡する。」
おとこのこはおんなのこを置いて去っていく。あらら、今日みたいな日に痴話喧嘩…かな。ん~なんか冷静すぎるなぁ、おとこのこのほう。ちょっとおせっかいしちゃおっかな~。なんて。
「ねね?やっぱあんなだから嫌になっちゃったの?冷静すぎるのもやだよね?」
ニューマンのおんなのこ、近くで見るとやっぱめるにそっくり。もしかして…?ん~おんなのこもめるが自分に似てるって思ってるのかな。なんか鏡を見てるよう。
「なに?いきなり。すごい失礼だよ。キミ。」
「まぁまぁいいから!いいから!ちょっとそこでお茶しよ~。」
めるはおんなのこ、名前はレムって言うんだって。レムを引っ張って近くの喫茶店に入った。

なにげに入った喫茶店。向かい合って見ると自分で言うのなんだけどめるが二人居るみたい。まるで双子か、良く似た姉妹に見えたのかも?しばらくは自己紹介をしたり、そんな不思議な光景。そして、いきなり姉妹喧嘩を始めたように見えたのかも?
「だから!違うって。メルはほんとガキねぇ。別に嫌いになった訳じゃないし。」
レムは初対面であるめるにそんなことを言う。なんか失礼だと思わない?
「メルのほうがよっぽど失礼だし。まったくシリアスな場面で空気読みなさいよ。」
めると似たような顔してるのに、なんか大人風味?
「え~だって今さっき”もう別れる”っていうてたじゃん。こんな日にさ?」
だってそう言ってたもの。別れるってのは嫌いって事じゃ…ないのかな?
「だけど嫌いとかそゆんじゃないし。」
「え~意味わかんない。別れなくていいじゃん。なら。」
レムはふぅを息を吐くとひょいと首をすくめる。
「だからメルはガキだって言ってるわけだし。…こんな日に一人だし?」
むき~。めるは一人じゃないし!ってうつってるし…ってまた。
しばらくはそんな調子で。だけどなんか楽しい。レムも意外に楽しんでるように見えた。二人で、数が分からない程いくつもケーキを平らげて、どちらともなく、そして二人とも、ふと時計を見る。そろそろいい時間だ。そろそろ出ようか?とレムが席を立つ。
「ん!とにかく。好きなら!別れたりしちゃダメだよ!レム」
「まあ、いろいろと事情があるわけだし…ネ?オリジナルさん。」
おりじなる?レムはいったい何を言ってるのか、めるには良く分からなかった。

喫茶店を出て二人で歩く。そろそろいっちゃんが帰って来る時間。だけどレムの事がすごく気になる。レムも何か言いたそうな、そんな表情のまま雪の降り積もる公園の横。
「ん~今日、こうなったのも何かの運命なのかもだし。まぁいいか。メル、もうちょっといい?」
レムはそう言うと公園のベンチへ。屋根のついたそのベンチは、キチンと暖房されてて、日が沈んだ今も暖かいまま雪景色だけを楽しめるようになっていた。
「レム?さっきさ…。」
言いかけた言葉をレムが遮る。
「あ、うん。オリジナルって言った事?」
「うん。」
「見てわからないかな?メルは私のオリジナル。言うなれば私はメルのデッドコピーってやつだし。」
こぴ~って?さっぱりわからない。
「ただし…その性能までは無理だったみたいだけどね。」
レムが言うにはレムはめる、正確にはフェインシリーズ?を模倣して作られたニューマンらしい。どこの組織?企業?団体?かは言わなかったけど、このパイオニア2で。めるはそんな事がこの船で起きていることすら知らなかった。だけどショックは不思議と無かった。めるはそゆ生き物だって事は解かっていたから。だけどこの頃はその事を忘れていただけ。
「あは、そんな…めるなんて元にしたって…何も無いのに。」
「やっぱメルは馬鹿だし。ニューマンなら誰もが羨むのに。もちろん私もだし。」
そんな良い事ばかりでもないんだけどな。
「でも、オリジナル?のメル、思ってたよりもイイコでよかったな。高性能ってだけで、さぞイケスカナイやつだと思ってたしね。」
レムの顔はどこか寂しそうだ。たぶんめるもそんな顔。
「もう何人か居たんだけどね。私の姉妹、んでメルのコピー達。」
「あ、皆は?」
「ん。もう死んじゃったし。」
なんかとても哀しかった。見たこともないヒト達だけど。とても。ふいに涙が溢れ出した。
「なんか…ごめんね。レム。」
「泣かない、泣かない。メルが悪いんじゃないし。」
レムは凄く優しい笑顔、めるには真似の出来ない、だけどめると同じ顔で。
「あはは、ほんとイイコだし。まあ結果良かったんじゃないかな。コピーとは言えさ、メルとは違うレムというニューマンで過ごしてるのは間違いないし。」
「そうだメル?私の変わりって訳じゃないけど、キミさ、さっきのキャスト今夜どう?もちろん恋人としてさ?あんなだけどイイヒトだし。」
レムはめるにそう言う。もちろん答えはNO。大事なヒトはめるにだっている。
「そっか。んじゃ、やっぱしょうがないし。」
レムは降り積もる雪を見る。聖夜を待たずに振り積もる特別な雪を。
「メルは雪嫌い?」
一人で見る雪は嫌いだけど、今はレムと見てる雪…嫌いじゃない。
「私、雪は嫌いだし。積もってるとこ見てるだけなら好きだけど。…いつかは溶けて…消えてしまうから。」
突然ガクリと力無くうな垂れるレム。
「メルともこのまま別れようと思ったけど。ごめん、なんか力入んなくなったし。」
やだ。やだ。なんかその先は聞きたくない。
「…そろそろ時間が来ちゃうみたい。やだなぁ劣化ニューマンのこゆとこ。」
「だけど…最後にメルに逢えて、なんか運命感じちゃうね。ほんとに姉妹だったら…良かったのにね。」
差し出すレムの右手。公園に降り続く雪がその手の平に落ちては、溶けて消えていく…。

病院の待合室に座って呆然としてると、いっちゃんが迎えに来てくれた。
「めるちゃん!!…だいじょうぶ?」
少し青ざめた顔、病院に居るってだけ連絡したの…まずかったかな。
「ん、めるはだいじょうぶ。でもレムが…。」
「レム?だれだろ、めるちゃんの新しいお友達?」
お友達になれたかも、だけどもう…。

「やっほー!アナタがいっちゃん?へぇ美人さんだし、そのケはないはずだけど、ちょっとグッとくるし。遺伝子のせい?」
レムは激しく元気よくそして失礼な挨拶をする。
「やだ、メルってばまだ怒ってるし。」
めると同じ顔のレムに少々困惑気味のいっちゃん。カクカクシカジカで。
「なるほど、投薬の時間が来て倒れたレムさんを亡くなったと勘違いした?」
だって、なんかそれっぽい話してたしね?それにね…。
「あーちょっと意図的にそうしたとこあったし。ちょっと意地悪したくなるじゃないメルって。」
「ああ!たしかに!それ分かるかも。」
いっちゃん…なんかレムはむかつきます、めるは。
「まあ、でもあのまま公園で放置されたらほんとに死んでたし。そゆことでいいじゃない?」
不意に鳴る救急車の音、運び込まれるもう何人目かの飲み過ぎのヒト。そして…。
ちょうど0時、なんだかんだで、今、クリスマス。とんでもないサンタクロースの笑顔と共に。

皆様にとって良いクリスマスでありますよ~に!メリークリスマス!!

» はい、クリスマス小話。 …の続きを読む

ヤツは忘れた頃にやってくる。

以前買ったゲームを思い出したかのようにやるプレイ。

昨晩は買ってきてから開封すらしてなかったエロバレー(発売はたぶん1年くらい前)ことDOAX2をやっと初プレイ。ええ、今はプラチナやら中古で激安になってるのは知ってますけど、あえて発売すぐに定価で買って、そんなやり方をするのがセレブリティ(意味不明)
ん~…なんだその、いまいちこのゲームの狙いが分からない。もっとこう水着のね~ちゃんを眺めてヘラヘラするゲームかと思ってたんだけども…。いやヘラヘラも出来るんだろうけど、なんつ~かヘラヘラ前に色々と苦痛を伴いそうな感じ。プレゼントがどうとか仲良し度がどうとか、いろいろとめんどくさい、なんか要らない部分(ゲーム)が付属してるのだなぁ。自分的にはこのゲームにはゲーム性とかイラナイ。てかそゆの求めてるのかなぁ?このゲームの購買層て。ああ、カジノだけは面白かったです。普通に。
だいたいね、あれよ元のDOAも格闘ゲームとしてもキチンとしてる!とか作ってるおっさんは言うけども。まあ、実際そうであったにしても、あれだけ「キャラ売り」してて、そこへんエグイよなぁ…。もっと全力で乳ゲームを作れば良いのにねぇ、中学生がエロいことに対して、興味あるくせに、へんな言い訳して誤魔化してるみたいなことしないでサ。てな感じでもっと簡単にヘラヘラさせてくれるヤツだったら良かったのにな!て事で。まあやってくとそれなりに面白いのかもだけど、フリトで初めてX箱ゲームを…「オススメしません」…いじょ。

でさらに思い出したようにゲームを続けます。今晩のゲームは…。
» ヤツは忘れた頃にやってくる。 …の続きを読む

長い名前のゲーム出たよ。

キングダムアンダーファイア:サークルオブドゥーム 出ました。
なんとまあ長い名前…。

最初はなんか大味でもっさりしたゲームや!って思ったんですが。
これが間違い、じんわりとなんかハマりそうな気配ぶんぶんです。
なんとなしに絵の奇麗なPSOっぽい?って思いましたネ。

ゲーム内容は公式をご覧ください!
http://www.xbox.com/ja-JP/games/k/kufcod/

で!なんていうかとにかくキャラが成長し始めてからが面白い。
使える技や連続攻撃回数なんかが徐々に増えていく感じで。
敵がごちゃごちゃしてるところを某無双ばりに突き進んでくのも
なかなか爽快…かな?(育つまでは裸のおっさんとかが固いのでイヤン)

アップダウンのある地形なのに平面マップで非常に見にくかったり(迷います)
一度はぐれると超迷子になったり(これは個人的資質という噂もありますが)
とシステム廻りで若干の、もにょりはあるものの…あ〜あとアイテムソート出来ない
のがとてもめんどいw…もにょり多いなぁ、まあその辺は置いといて…

雰囲気のある世界観にマッチした映像美には正直目を奪われること間違いなし。

さらになんといっても特筆すべきは武器や装備などのアイテム合成。
拾ったアイテムとかを二つ合成して、基本能力値変更、同系強化だったり
新しい能力を付与だったり…かなりのパターンがあるみたい。
アイテムに付加する強化の掛け合わせなんかで発生する攻撃値の低下や
それを防ぐためには何を掛け合わせるか…法則はあるもののそゆのを
考えるのがなんか面白い。意外な組み合わせ等々で変化があったりで
そゆ部分も、簡単なようで(むしろ分かりやすさが良い)奥が深い。

あ〜レベルさくさく上がってお金ザクザク(合成で出費もざくざく)なのが
近年流行の延命的成長度じゃないとこが非常に心地いい感じです。

てな感じでハマり屋さんにも納得の出来となっております。
毎度というか今回もこの長い名前のゲームもオススメ!

追記:虫嫌いの人は注意、うわ〜いてくらいごちゃごちゃ出てきます。

まるで別人になりますからね。

バーチャ5はクエストモードとかの賞品で貰ったり、買ったりした
服・アイテム等でカスタマイズが出来るのでよかですね。


こんなのが、うちのVF5カスタムキャラの「めるちょ」です。元々の中の人はパイです。
» まるで別人になりますからね。 …の続きを読む

今日はさらっと・・・いやパイですが。

 12月に入りましてな〜箱の黄金月間更に加熱でありますね。ええ、「バーチャファイター5」を買いました。(一部で)話題のオンライン対戦もレスポンスが良くてストレス感じる事もなく対戦出来るのでとてもいい感じです。なんというてもキャラカスタマイズのおかげでキャラに愛着持てるのが素敵です。
 オフのクエストモード、仮想空間にあるゲームセンターを巡って対戦するという…これまたなんとも対戦特化なこの作り、アーケードモード的にだらだらとCP相手するよりも、意外にもハマる感じです。いやまあクエストモードもCP相手なんですけどね。とにもかくにも格闘ゲームはさっくり遊べるのがいいですな〜。
 それでは来週は「サークルオブドゥーム」でお会いしましょう〜。


TOP