新作小話予告(嘘)

めるが出会った、おっちゃん。たった独りで狩りを続けてる、おっちゃん。昔は大勢居たらしい仲間も皆、どこかへ居なくなって今はただ独り。独りであるが故、行動も制限され、ただの惰性で死んだ目をしながら、何も求めず狩りを続けている。いや、ほんとは、何かを、そう差し伸べる手を求めて、狩りを続けているのかもしれない。
「死んだ奴も居るし、まだ狩りを続けてる奴もいるだろう。ただ、ここには居ないだけで。」
何故に独りか?めるの問いかけに、おっちゃんは薄明かりの中、装備を整えながらそう答える。仲間と言えたのか分からないが、心安らがない、そんな関係に、いつしか独りになる事を自らそう求めたとも。独りが辛くないのか?めるは…とても辛い。
「実際に辛い事もあるし、大事に思ってくれていた人達にも辛い想いもさせていたのかもしれない。考えればそこで辞める事も出来たかもな。ただ、いくじなしの俺は、辞める事を自分に納得させる事が出来なかった、身勝手にも、その理由を見つける事が出来なかった。」
そして、おっちゃんは狩猟場への扉を開きながら、こう続ける。
「…辞める理由を探して、狩りを続けているのかもしれない。」
独り、誰と語り合う訳でもなく、ただ、骨を砕かれ、肉を裂かれ、魂までも擦り減らして、辛く無味な狩りを続ける。決して生きるためでなく、死へ向かうためだけの孤独な狩り。そんな寂しげな姿を見てめるは思った。

「おっちゃんってば、ただのドMだな!」と(笑)

こゆコンセプトでどうだろうか?!(フェードアウト)

このエントリへのコメント

ドMてとこには同意(笑
 しかし日々無気力で何をするでも無く過ごすより、たとえそれが「辞める理由を探す」ということであったとしても、目的を持ち得ているという事に意義はあるのではないかな〜と、自分は思うとです。
 自分と比べてとか、自分なら〜ていう切り口でしか言葉を繋げない自分だけども、やっぱり目的とか目標っていうのは行動の原動力だと思うし!

イザヨ「熱く語らっているようだけど、(嘘)てあるしお話は続かないんじゃ・・・?」(なだめるように
Ω ΩΩ < な、なんだってぇー!?

2008年07月22日:火曜日 | 真司

ネタではなく色々と考えさせられてしまいました

2008年07月23日:水曜日 | k

ククク、下りるも下りないのも自由なのヨ…ホント狩りには終わりがないわナ(笑)
と、何やらいい雰囲気だったのにドMとなっ!中々にワクテカするので連載希望っ!

2008年07月23日:水曜日 | 長物守

好評?なのでいつか、続きます(嘘)w

ん~…さすが”いつかの夜会”メンバーのkさんと言うべきか?w

2008年08月04日:月曜日 | けろ

コメントする

コメント投稿時にはハンドル名を入力してください。ハンドルが入力されていないと、折角のコメントが誰から投稿されたのかわからなくなってしまうのでご注意を。

ハンドル名
メールアドレス
サイトURL
コメント


TOP