変なストレス貯めたくないし

 ここんとこ、ドップリとネトゲ(というかFMO)に浸かって睡眠時間も削っちゃってるわけですが、ここ数日で感じたことというか。

 FMOはアクション性の高いMO型のRPG、この辺りはMHにも通じるところがあるわけですが、アクションゲームで気になる部分ていうのはもちろんプレイヤーごとに千差万別だと思うけど、自分の中では「レスポンスの良し悪し」が重要だと思うのです。

 ゲームごとに、もちろんコントローラーの使い方(操作方法)はいろいろあるわけだけど、それはシステムから与えられているキャラクター動作の限界な訳です。ゲームによってその限界も前後移動しか出来ないとかのショボイものからホントに自由に動けるすごいものまで、格闘ゲームで言えば、前後移動・ダッシュ・ジャンプ・しゃがみ・攻撃アクション(PKG / 小中大P・小中大K)・ガードetc・・・まぁ一般的なアクションがありますよね。
 これらゲームのキャラがシステムから与えられた動きの限界に対して、プレイヤーがどれだけその限界に近い操作が出来るか(リュウ使いのプレイヤーで波動拳が出せるプレイヤーとそうでないプレイヤーでは前者の方が限界に近いし、PKGしか出来ないアキラよりも、数多くの固有技を駆使しアキラスペシャルかましてギャラリー沸かせちゃったりするプレイヤーの方が限界に近い、格ゲーを例に言ってしまえば、要するにそのキャラを使いこなしているかどうか)でゲーム中での行動の幅も広がると思うのです。

 前置きが長くなったけど、そのゲーム上のキャラを自由に動かせるようになった状態(もちろんその途上段階であっても)自分がシステムの制限内で「こう動かしたい!」と思って行った操作がちゃんと出来ることがアクションゲームでは重要でしょ?と、まぁコレは個人的な話なので人によってはもちろん意見は異なるけど基本はそう思ってるのですよ。
 でFMOに戻って話をするとここ数日は(開始当初よりも)ラグが酷くなってきてる感じで、結構緻密なアクション(射撃でターゲットあわせるとか)を要求されるわりにソレをしようとしても出来ない、もちろん自分の腕が悪い・追いついていないのもあるけど「ソコに居る(見える)相手に対して攻撃をしたのに、実は別のトコロに居る」、ラグがあればもちろんそういうのも発生するのは解ってるけどMHやってたときはこんなに気にならなかったその差は何だろうか?(←今の段階ではわかりません)
 システムとそれに沿ったプレイヤーの行動に対し、それ以外の要因によってゲームの進行が妨げられるとストレスが貯まるちゅ〜お話でした。(←長ぇよ!)

 まぁそんな訳で、昨夜はそんな状態でストレス貯める前に早めにFMOを切り上げようといつもよりも早くに落ちてからFFXI→MHGをハシゴしてネトゲ落ち、この2本のゲームもだいぶ人が減りつつあるなぁと感じつつ、落ちた後もけろさんとMSNでチャットしながら結局寝たのはいつもと同じぐらいの2時ごろでした・・・。
 
以上、まとまりの無い、1人のネトゲプレイヤーのぼやきでした。


TOP