FFXIIIおわりました

「冷やし中華はじめました」と同じようなノリで、あれ?なんかデジャヴ!?

そんなわけで、ヤリ込み要素やトロフィーとかはまたそのうち埋めるかって感じで、シナリオを進めて終了しましたよ。なんだかんだで、途中ヤリ込み要素とかで時間を潰したのも含めて、最終的に75時間超ぐらいは遊んだ感じ。
それもひとえに、戦闘とヤリ込み要素の手柄と言ったところでしょうか。あ、未プレイの人はこの先読まないほうがいいかも。

とりあえず、今回はシナリオの面でつらつらと。

シナリオを最後まで見終えた感想は「はぁ?」ってモノでした。以前のエントリで若干シナリオの事には触れたけれど、基本的にシナリオは「視聴者おいてけぼり」で登場人物たちだけで事故自己完結していきます。
なんていうか、キャラクターがどいつもこいつも思わせぶりなはっきりしない所を隠し持っている感じで「え、それって伏線張ってるの?」的な演出なんだけど、最後の方で帰結して「あのセリフが此処でこう利いてくるか!」とおもいきや、投げっぱなしで回収も無くといった印象が強い。ひょっとして回っていないサブストーリーとかがあって、そこで語られているのかも知れないけれどね。
シナリオに対してプレイヤーが干渉できるのは、戦闘に関するエンカウント及び立ち回り。「戦闘に勝てばシナリオの続きが見られますよ、勝てなきゃこの先は見せませんww」ていう感じ。まぁレールプレイングゲームなのでそこは割り切るとしても、いろんなトコで見かけた「クリエイター(笑)のオナニー」っていう罵詈も今なら「ああ、なるほどな」ってちょっと解る気がする。あくまでもシナリオについてだけは、自分の好みに合わなかったっていう話でした。

世界設定とかそう言うのは良いんだけどなぁ。なんだろうな、キャラクターがまず全体的に薄いんだよなぁ。かっこよく見せようとして失敗してる感じなんだろうか?個々のキャラクターに特色はあるんだけれど全く印象に残らない。これって感情移入させるタイプのゲームでは致命的なんじゃないかなとも思う。唯一NPCの「ロッシュ中佐」ぐらいかな、良いな〜って思ったキャラは。っていうかNPCに印象で負けてる主人公達ってどうなんだろうな(笑

ちなみにこの人ね

↑ヤーグ・ロッシュ中佐

最終局面も展開が訳わからない。なんでそうなったのか?その事象に至った理由付けも説明されず(いや、アレでひょっとしたらされていたという事なのかも知れないけれど、到底納得できる代物じゃなかった)「イメージしてくださいor察してくださいww」って感じの演出で、普通ならラスボスへのバトルへ向かってテンションが上がっていくはずなのに、ダダ萎えして急降下。
ラスボス倒した後、エンディングへ至るお話もなんか結局は(上手い事説明されていない)不思議パワーで世界が一応救われました。あでも、全員が笑って迎えるハッピーエンドじゃありませんでしたww←これってなんかお約束なの?誰かの犠牲(っぽいもの)の上に成り立つお涙頂戴的な演出ってのは散々使い古されている手だけれど、キャラクターが薄っぺらくて感情移入できていないのに、そんなのが生まれるわけもなく、「あ〜、はいはい。ここでお涙頂戴させたかったのね?」というようにひねくれて取られてしまうと思うんだけどな。

ともあれ、このFFXIIIは、シナリオについてはもういろんな面で、自分の好みには合わないモノだったというのをここに記しておきます。自分は頭が悪いので、実はもっと高尚なテーマが盛り込まれていたのですよ!っていうのにも気付かなかっただけかも知れない。ただ、物語の受け手として、今回のコレは上で書いたような感想を持ったよっていうお話でした。

そうそう、システムとか戦闘とか、ヤリ込み要素とかは悪くないなって思ってたんだけど、最後に「ん?」って思った事がひとつ。
キャラクターは「クリスタリウム」というので育成・成長していくのだけれど、シナリオを進むにつれてそのクリスタリウムが段階的に開放されていくのです。なんだけど「ラスボス倒した時に」その段階が開放されるってどうなの?
クリアした(エンディングの)後、ゲームデータのセーブができるんだけど、そのデータでゲームを再開しても「ラスボス直前」からのスタートなので、「今からもっと育成できますよ」って事なのかな?ヤリ込み要素のための育成段階開放って事?ならなんでわざわざラスボス倒さないと開放されないのか?最初のプレイでそれをさせなかったのか?そういう仕様にした意図が全く解らないですな。

いっそ「強くてニューゲーム」(←自分は案外コレが好きなのだ 笑)だったらもう一周やってたかも知れないな。

このエントリへのコメント

やはりFF13といえば「光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士(ときおり柔らかい表情も見せる)」こと、ライトニングちゃんじゃないでしょうか。数年前のキャラ発表当時から話題沸騰だった彼女が、ドラマ内でどんな活躍をみせるかだけが、色々な意味で気になります…何はともあれ、お疲れ様でした!

2010年06月21日:月曜日 | 長物守

そういえばそんな設定もありましたね(笑
作中では設定負けしてる感じがしないでもないけれど、「重力を自在に操る」ってのは無いっぽいかなぁ、あの表現を見た感じでは。

2010年06月21日:月曜日 | 真司

FF13クリアおめでとうございます(・▽・)
自分はやっと11章まで進みました。敵が強くて苦戦ちう…w 召喚獣もそんな強くない気が…。
シナリオは今のところ自分は可もなく不可もなしてところですかねえ。
まあそんな感情移入しなくて、傍観者的なスタンスでやってるからかもしれませんがw
ちなみにロッシュ中佐の中の人はプリズンブレイクっていう海外ドラマの主役と同じ人ですな(・▽・)

2010年06月22日:火曜日 | 寿々呂

FFXIIIの戦闘は「補助」の効果がとても高いので、弱体とかを入れるだけでもかなり楽になると思いますよ。
ロッシュ中佐は作中で一番「自分の信念を貫いている」っていうのが見られたキャラだったですなぁ。他のキャラもそういうところはあるのだろうけど、ロッシュ中佐がより輝いて見えた感じでしたw

2010年06月22日:火曜日 | 真司

コメントする

コメント投稿時にはハンドル名を入力してください。ハンドルが入力されていないと、折角のコメントが誰から投稿されたのかわからなくなってしまうのでご注意を。

ハンドル名
メールアドレス
サイトURL
コメント


TOP