とかげ連戦。

「んじゃいくですよ。」
「じゅんびおっけ〜…がんばってこ〜まったりで?」
「うぅ頑張…れるかな。」
 今日の相手は黒い色と赤い色のトカゲ2匹。コチラの様子を伺うようにじっと佇んでいる。彼(彼女?)らと対峙するのは今日が初めてじゃない。勝利する為の作戦ももう三人で確認するまでも無く頭に入ってる。手筈はいつも通り。メルとらべこで黒いトカゲを攻撃。赤いトカゲはいっちゃんが引っ張ってって遠くへ。赤黒二匹同時は分が悪いから、言うなればいっちゃんがオトリになる作戦。なるべく早く黒トカゲを撃破していっちゃんの元へ。三人で何度も繰り返してるやり方だけど始まる前はやっぱり緊張する。獣人達とサンドリアに住まいし純エルヴァーン達の激しい戦いが今もなお続いているゲルスバ野営陣の片隅で。
「おっけ〜いこ。」
 ヒーリングを終えたいっちゃんの掛け声で散開。メルは右、いっちゃんは左へ。らべこは少し遅れてメルに続く。じんわりと黒と赤の土塊が動き出す。狙いは作戦通りにいっちゃんへ。メルは思いっきり走り込んで背に回ると両手に持つ百人隊長剣同士をカキィン!と叩き合わせる。その音がよほど気に障ったのか黒いトカゲはいっちゃんから視線を外しくるりとメルに狙いを定めると一直線にこっちへと駆け寄る。その隙を突いてラベコが背後へ。黒いトカゲをメルとらべこで挟み込むいつもの挟撃陣形成立。
「【重き力よ!】ん、もひとつ!!【繋ぎとめよ!】」
 いっちゃんのほうも【グラビデ】と【バインド】で赤いトカゲの動きを封じ込めてる。今日のいっちゃんは赤魔道士、あれこそがもともとのいっちゃんのスタイルだもん、やり損なうはずはない。
「【大気に別れし…水の精霊よ、集え!貫け!水流弾!!】」
 その小さな身体のどこに?…いやデカイ頭にだけど…げふん。種族特性の強大なる魔力、その巨大すぎる魔力をただ持て余すだけじゃない。それを存分に、十分すぎるほどに発揮する能力を持つらべこ。黒魔道士の本領は攻撃魔法!と改めて思い知らされるようなそんな必殺の一撃を放つ。
 黒トカゲ、その攻撃力も特筆すべき点だけど一番怖いのは石化の能力を持つ【邪眼使い】であること。そんなことを考えてるその刹那、両の目が怪しく光る。うん!ここはメルの見せ場。すばやく視線を外し石化の能力を無効化!
 
 …するはずだったんだけどネ。戦士メルは今日も邪眼を避けるよりも石になって殴られ続けるほうが多かったです。むふ。あ、それでも勝つのですよ、不思議な事に。(石になってる間にどうやら二人が上手い事やってるっぽいよ?)

 てなことで最近らざめるトリオでブームの印章トカゲ戦。一番初めてやった時こそやられたもののそれ以外は負け無し。今日はたぶん初挑戦の黒魔道士テヌコさんも連れ立って4人でやりましたよ。ああ3人でしか出来ないのでテヌコさん出陣の時はらべこはお留守番、戦ってるトコの仕切り柵の外から見てます。だいたいらべこは赤トカゲを応援してますが…。運がいいのか実力なのかは分かりませんがいい調子で今日も黒星無し。ちなみに近頃の(当たり)戦果、テヌコさん=ガンベルト、らべこ=リーピングブーツ、いっちゃ=空蝉の術II、める=リーピングブーツ…けっこう当たってるよね?ね?

 あ〜そえばレイさんのご協力により(毎度ありがとうございます)、もいっちょ限界超えました。これでファイター一式を揃えで着れる可能性だけは確保いたしましたヨ?


TOP