どらごんずどぐま。

やってますよ、ドラゴンズドグマ(箱)
1週間程度すぎましたのでちょろっとインプレッションです。

まあいつものじんわり進行ですが、和製オープンワールドもなかなか雰囲気があっていい感じです。マップは未だ全部を解放してませんがとてつもなく広いって感じでもないですがけっして狭いわけでもなく個人的にはちょうどいい広さかな〜と思ってます。歩くとそこそこ移動時間かかるし。
道すがらに配置された小型モンスターはわらわらと迫ってくるのを蹴散らす感じ。現状では主に狼さんが良く居ます。大型?モンスターはそんなに戦ってないですがモンハンほどガチでなく、距離を取ったりして頭も使って戦えます。
攻撃に使える(ボタン押して発動する)スキルは6種類選んでセット出来きてジョブによって魔法だったり武器固有のスキルだったり。
上記とは別にジョブ固有?で覚えたら発動するオートスキルや通常攻撃に+αがつくスキルなんかもありです。

発売前は協力プレイが出来ないってのがちょい微妙かな〜て思ってましたがポーンのシステム周りが面白くフレンドのポーンを傭うと意外に共闘感はある感じ。
ポーンシステムをざっくり解説すると〜
・メインポーンを一人作成出来ます、メインポーンの外見、装備や能力はプレイヤーで設定。
・メインポーンは基本的に常にプレイヤーに寄り添って冒険します。なんか慕われてます。
・ポーンはサーバーにアップデートされてるのでよその世界で雇われてそこでも冒険してるらしい。
 *設定で非公開も可能。
・よそで学んだ事はこちらにも反映、クエストのヒントやモンスの弱点や戦い方も覚えてきます。
・よそで頑張ってもレベル自体は上がらないですが、なんとか?ポイントを稼いできます。
・アイテムや装備は雇い主さんが持たせてくれたりして、貰って来たりもします。
・パーティは4人まで、すなわち!自分とメインポーン、あと二人雇えるってことです。
・雇ったポーンさんには評価(とプレゼント)を付けてお返しします。
 雇える場所やらその辺にもうろうろしてるので意外と気軽に雇えます。
・道中結構べらべら喋ってます、英語ですが……etc。

ちなみにメルのポーンさんは「いざよい」さんです。本物さんと見分ける意味で「いざぽーん」と呼称してますが本物に似せて回復と補助に重きを置いているので出稼ぎ先で「仲間を助けた」の評価をいただく事が多く作戦成功とばかりにちょいとにんまりしてる毎日です。

メルさんは?と言えばストライダー(弓と両手持ち短剣)でスタートしましたが、現在は混合職であるマジックアーチャー(魔法弓と杖(魔法)or両手持ち短剣)に転職し、魔法矢が使えるようになりました。あ〜主に発光する魔法矢を暗闇に撃ち込んでは周囲を明るくする仕事をしてます。
そえば選択しているジョブで能力値の成長度合いが違うみたいなのでガチ派はどう転職させてくか考える必要があるかも?

と、まあ〜さほど期待度が高い訳でもなかったですけど、うろうろしているだけでも思った以上に面白いです。ざっくりこんな感じで。

このエントリへのコメント

話を聞くほどにやってみたくなるのですなぁ。でも今月は時間的な余裕がなかなかとれなさそうな予感……とりあえずソフトは買っていつでも出来るようにしておきたいなぁとは思いつつw
しかし、自分が想像していた以上にポーンのシステムが良いみたいですなぁ。

2012年06月05日:火曜日 | 真司

コメントする

コメント投稿時にはハンドル名を入力してください。ハンドルが入力されていないと、折角のコメントが誰から投稿されたのかわからなくなってしまうのでご注意を。

ハンドル名
メールアドレス
サイトURL
コメント


TOP