またやっちゃった…。

あれだけ嫌になって、逃げるように辞めた世界だったんだけど、あの人が発行してくれた大事な大事な招待状を胸にしっかり抱えて、もう一度ヴァナ・ディールに降り立ちました。以前の経験も装備も何もかも無くしてしまったけど、ブラックアウトしていた視界が明るく広がった瞬間は正直胸が高鳴りました。目の前に広がる広大な世界に。ちょっと懐かしくもあり胸を打つ音楽に。そして一番大切な人が前と変わらない笑顔で迎えてくれた事に。いきなりだけど本当にありがとう。そしてもう一度改めてよろしくお願いします…ね?

…みたいな始まりでした。FFです。今だPTプレイの押し売り、レベル至上主義、そんなゲームシステムにはやっぱり馴染めないんだけど(ここは譲れないw)いろんな事をグチグチ悩むくらいなら始めてしまえーと勢いでまた懲りずに始めちゃいました。以前とは生活リズムも変わってしまったりですぐにまた「もうやらねぇー!できねー!」ってなりそうなんですが嫌なとこばっかり見るんじゃなくていいとこだけ見てまったりまったり楽しんでいこうと思ってます。

今日のFF
なんかですね。初めての子にはハテナマーク付いてるんですよ。頭の上にね。なんかさぁチラチラと周りから見られるんですよ。自分でその姿みてもさ「(表情緩めで)あれ~?」っていつも思ってる感じで”ちょっと頭の緩い子”みたいなのでハテナマークは止めてくださいw
んで今回はシーフでなくモンクで始めましたよ。理由が始める前に「天上天下」を読んだからっていうのは秘密です。んでもってさっそくミミズあたりと戯れてるといっちゃんと元肉奴隷ビーたん=スイートリップ嬢が逢いにきてくれました。あとMHでもお世話になってるレイさんも。しばらくごにょごにょやってるとどこからともなく現れた海外のナンパたるが!「give me GL」とかそんなことを言いながら「いざよをくれ」(意訳)と繰り返し言うタルとしばらく謎英語で話し丁重に(お前チビだから嫌と)お断り。まあ会話の流れの中でつい「i love Izayoi」とか「Izayoi is my girl」とか告白めいた事を初日から本人の前でやってしまい、しかしいいスタートだと内心ニヤリ。レイさんからは装備なんか一式頂いて感謝です。
んで一回ご飯とかお風呂とかリアルな事片付けてから一人でゆったりやってるといっちゃんが助けに来てくれたので二人でまったり狩り(狩りでまったり?)。近くに居た海外の方がちょこちょこ助けてくれたりしてカタコトでじんわり楽しみました。
そうそうじじにも久しぶりに(声だけ)あったです。メルはメルなんだけどじじには「偽メル=フェインです」と嘘をついてやりました。にやり。

今日のMH
てことで接続は遅くなりましたが若干時間があったのとまだ眠気が来なかったので繋いで見ました。面子は~ソフィーズの二人がクエスト中であとはタマちゃんがいつものように放置プレイみたいでした。(いっちゃんは寝るとの事)とりあえずあっさりきっちりハードクックたんを狩ろうと行ったらなんとまぁ返り討ちにあいました…。個人的には激しく凹んだ出来事でした。ぬぅ~もう寝ようっと…思っていると放置からタマちゃんが復帰。ちょっとお話→「あめちゃん来た?」「んやぷそも繋いでたけど来てなかったみたいだな。ぷそがないのにコッチ来る事はあるまい。」「そんなことないよ。…いやあるかなw」みたいな会話をしてると今度は悪ソフィさんが降臨。「疲れた~」って発言を受けタマちゃん→「四つの平行宇宙を滅ぼすとそりゃ疲れるわな。」メル→「もう若くないんだから無理は駄目よ。」とお約束。しばらくすったもんだしながら「貴方達は誤解しすぎです!」「優しさランキングとかあったらトップ10にはいるわよ?」「か弱い乙女選手権とかあったら優勝は堅いわね」とか悪ソフィさんは鼻息も荒く(かどうかはわかりませんが)訳の分からぬ事を言うてましたが誤解はともかくとしてどこにいてもいぢられるのはいつも悪そふぃさんみたいです。んでいい時間になったのでお休みなさいです。

しばらくは二足の草鞋を交互に履いたりでございます、今日はなげぇな~w

コメントする

コメント投稿時にはハンドル名を入力してください。ハンドルが入力されていないと、折角のコメントが誰から投稿されたのかわからなくなってしまうのでご注意を。

ハンドル名
メールアドレス
サイトURL
コメント


TOP