ここは地獄の一丁目、エリア8。

「こちらOCU6メル!馬鹿チョッパー達に囲まれてる!」
 私メル=フェイン、階級は伍長。しがないヴァンツァー乗り。いちおアサルト。
「こちらOCU3ネコ!とにかく撃ちまくれ!…撃ち負けずにしばし耐えるにゃ!」
 んでもって語尾がにゃ…なカニに乗ってるのはアカネコ三等軍曹。ミサイルフェチ。いちお階級上は上官だけど幼馴染だし、入隊は後だし。とにかく空からは銃撃の嵐。今はアカネコのリペアバックパックだけが頼り。不毛な消耗戦、だけど負けるわけには行かない。
 新調したばかりのマシンガン。名前なんだっけ?見た目はどこかのヴァンパイアの持ってるてっぽにそっくり。パーフェクトだ!ウォルターって訳にはいかないけど通常のマシンガンより100mも射程が長いのは魅力的。350…330…310…入った!握りこむ力で威力が変わるわけじゃないけど思いっきりトリガーを引く。頭の上をブンブンと五月蝿いヘリに狙いどおり命中…したと思う。確認する暇もなくウェポンセレクタースイッチで左手のマシンガンから右手のマシンガンへ。距離は100mを切ってる、この距離なら!狙いもそこそこに一気に叩き込む。
「はっは!全弾命中でございます!」
「…ヘリコの弾もメルに全弾命中だけどにゃ〜。」
 アカネコのヴァンツァー、まあカニだけど。そのカニの背負うリペアバックパックが忙しなく動くとメルのヴァンツァーはみるみる直っていく。ぬ?どんな仕組み?
「そんなことより次来るにゃ!」
「らじゃ!まったく!レイ小隊長が居ない時に限ってこんな…。」
 どこの戦場に立っても休むことなく降り続く鉄塊の雨。真っ赤な水溜りを作る雨。この雨が止む時、空に綺麗な虹が掛かるのかな。ただそれが見たくてメルはヴァンツァーを駆る。

 今日もFMOですよ。レイさんといっちゃ、ウニたん、ネコのいつもの小隊。ホスカー氏はお休みです。なんだか昨晩頑張りすぎたらしいいっちゃんとレイさんは早く寝ちゃったので残ったウニたん、ネコ、メルでエリア8へ。噂のR4の戦車部隊に挑戦です。なんとか勝利。そういえば戦利品にカニ足でた。→売りました、すいません。
 その後ウニたんも落ちたのでアカネコと二人で今度はR4森ヘリに挑戦。自称チョッパーキラーメル(嘘をつけ)ええ!勝ちましたとも!…実は二人だとヘリ4機しか来なかったのでなんとかって感じだったのは秘密w
 あとネコが寝た後も一人リペアパーツ背負って狙撃狙撃狙撃でメルも三等軍曹に昇格しましたよ〜。一人だと操作の修行にはなるけどかなり寂しいゲームだと思いました〜。


TOP