逆から読むとトクネキ。

こっそりと微妙コントローラー好きのわたくし。
押し入れにはキボコン、釣りコン、ネジコン、ギターにダンスシート、マルチタップドラムにぽっぷんパット、ジョイスティック(それぞれ全機種)あ〜ハンドルもあるや…さすがに鉄騎のアレは(買いませんでなく)買えませんでしたが。

んで急に思い立って箱◯さんの新しいデバイス、キネクト買いました。
ちょいと様子見るかな〜とか思いながら、発売日当日購入、なんという意気地なし。
まあ子供と一緒に(というのが最近の言い訳トレンド)遊べるしね。
ソフトは悩んだあげくもう少し考えて今日はキネクトセンサーにお試しゲーム的なものが同梱されてるのでそれで遊ぶことに。

んで子と一緒に接続と設定やらもろもろ。あ〜もちろんうちの旧型箱◯でも対応です。
接続はUSBで簡単接続、旧型は付属のケーブルでバイパスして電源が必要ですが新型はたぶんバイパス外してUSBだけで本体から供給される感じなのかな〜?(たぶん)
そうそう、ひとつ注意点、TVから1.8〜2.5mあたりが認識される場所になるのでそのへんのスペースを確保要です。
近くてもそこに居る事は認識するんですが全身を使うゲームなのでカメラに全身が映る距離が必要があるみたいです(想像です)

自分の部屋だと狭すぎてキツイのでリビングのテーブル等を片付けてなんとかスペースOK…いざ!……うわ!ここでレッドリング点灯!4個全部だと〜…って出力ケーブル未接続でした、すいません。
んで気を取り直して再度いざ!…はい、予想通りアップデートやらセンサーの設定やらまあこの辺は新しいデバイスとしてはお決まりですね。案外高級感のあるがっしりとしたセンサーが自立動作で首を振ってこちらの高さに合わせるのは驚きました。

さてさて、同梱ゲームのキネクトアドベンチャーは同梱らしく、キネクトではこんな事出来るんですよ的な内容でしたので割愛。楽しいそして案外キツいとだけ。(決してつまらないという事でなく時間の関係で紹介するほど遊んでないので)
んで使ってみての操作感ですが思ってた以上にレスポンスが良くてちょい感動。きちんと体全体を認識してるのがわかるんですよねぇ。変なポーズしてみたりで。メニューあたりもキネクトでやるとおお!って感じで。手をかざしてコントローラー触らずに操作出来るのがちょっとSF映画ぽくてニンマリするところです。なんか音声入力も可能です、まあそのへんはまだほとんど試してないんですけどね。

コントローラー持たないってどんなよ?て思ってたんですが、やってみるとなんというか「これは楽しい!」と直感的に感じます。集合住宅などでバタバタ飛んだり跳ねたりするのはどうよ?とか遊ぶ為に広いスペースが必要だったりとか(価格とか)若干の問題はありそうですが、大きな可能性を秘めてる魅力的なデバイスであるのは間違いないと思いました。

…ドリームクラブキネクトとかどうでしょう?ピュアなわしはまず、おっぱいさわりますけどね(そんなオチ)

このエントリへのコメント

店には行列が出来たみたいですのう(・▽・) ゲームは出来たら片手で遊びたいと思ってる自分にはあまり興味がないのですが、簡易モーションキャプチャーとして使えそうとか。そのうち自主制作物でもお家モーションキャプチャーになっていくんでしょうかねえ(´ー`)

2010年11月21日:日曜日 | 寿々呂

何か、昔のSF映画の小道具が現実になってきましたな…科学の発達すげー!
これ使ってスペースチャンネル5の続編とか出ないかな(笑)

2010年11月22日:月曜日 | 長物守

 キネクト良いですなぁ。自分トコは部屋にスペースが足りないので断念する方向で。もっと広い部屋に引っ越したい(笑
 キネクトはゲーム分野だけでなくて、その他の分野からもMSの方へオファーが掛かっているとか何とか。フィットネスやシミュレーション教材とかにも応用できる技術なんでしょうね。
今後どう展開するのか、コレもまた気になりますねー。

2010年11月22日:月曜日 | 真司

勢いで「キネクトスポーツ」も買っちゃいました。
ミニゲームでPKのキーパーやるのがあるんですが、手だけでなく脚も、そして頭も使えるんです…なんといいましょうか、凄い時代になったなぁと強く思いますね。画面内のアバターがきちんと自分と同じ構えを取るんです…この感覚はかなり新しいです。

寿々呂さん
自分は予約もなくさらっと行ったツタヤに山済みでした。話題にもなってない感じで。こゆ時は田舎の良さが出ます(笑)
まあコレから化けるかどうかはやはりソフト次第なんでしょうね〜。
そえば昔RPG専用コントローラーとかで片手で出来るやつありましたよね。

飴ちゃん
やってるとまさにSF映画さながらです。やってる姿をキネクトで撮影されて1ゲーム終了後に「あんたらこんな感じです」と動画再生されるんですが、そこはただのおっさん(と子供)がバタバタしてる姿でSFとはほど遠い映像ですが。
SEGAはすでにソニックでキネクト参入してるし、スペチャンはあるかもしれんよ〜。

真司殿
引っ越しをしてでもやってもらいたい。今のところ顕著なネックはスペースですよねぇ。要は全身をカメラで捉える為の距離って訳だしそのへんはどうにか調整出来そうな気がしなくもないんですけどね。日本の一般的な家屋サイズは想定してないのかもしれないですなぁ…。

2010年11月22日:月曜日 | けろ

コメントする

コメント投稿時にはハンドル名を入力してください。ハンドルが入力されていないと、折角のコメントが誰から投稿されたのかわからなくなってしまうのでご注意を。

ハンドル名
メールアドレス
サイトURL
コメント


TOP