ん?青いとは言え、所詮はくっくだな?

FF(オン)とMH2(オフ)同時進行中。頭こんがらがってる!

【故郷の姉さまへ:ヴァナメルからの手紙】
あいも変わらずなメルです。姉さまお元気でしょうか。
おぼろげな第一目標でもあった「鋼鉄銃士隊正式鎧」も着れるようになり、一人前の戦士の証、アーティファクト「ファイターアーマー」にもゆっくりですがも少しで手が届きそうです。そんなこんなで修行したり特別なモンスターを倒したりと近頃はちょっと慌しく過ぎて行きますが、AFを揃いで着れるようになったらもう一度大事な人とゆっくり世界を見て廻ろうと思ってます。
そうそう、ちょっとだけ無駄使いをして鎧を買いました。アルミという希少金属を使った鎧で、はっきり言えば見た目だけの鎧です。金額を言えばきっと姉さまは怒ると思うけど…コツコツとお金を貯めて買ったこの鎧はメルが頑張ってきた証のようでちょっとだけ誇らしく思ってます。
世界を見て廻る時はきっと姉さまの元にも顔を出そうと思ってます。メルの大事な人と一緒にお気に入りのアルミの鎧を着て。

【ミナガルデのみんなへ:ドスメルからの手紙】
住み慣れたミナガルデ、みんなの元を離れたのはついこないだのような…だけど新天地ジャンボ村に到着してもうどのくらいが過ぎたのかな?今は何度目かの寒冷期を迎え夜風はヒンヤリとして…正直独り寝る時は少し寂しいです。あ、でも村の人はみんないいひとです。念のため。
ご存知のようにもう一度「ハンターとは何か」を独り考えてみる…なんて偉そうに言って装備も武器も、それに皆も全て置いて、持ってきたのはこの体一つ。あの時みんなとても心配してくれたけどまた初心に戻ってキノコなんかを集めてはなんとか生活してます。
小さなジャンボ村ですが村長さんの熱気と言うかパワーは凄く、どこそこに出掛けては村を大きくしようと頑張ってるみたいで、その一環として腕の立つ(←ここポイントですよ)ハンターとして雇われた訳です。ジャンボ村は小さいけど何故かミナガルデには無い武器が揃ってて、ふと小さな武防屋さんに並んでいた「弓」を主に使ってます。
最初はその形状の面白さだけで手に取った「弓」だったけど自分で思ってた以上にメルにはしっくりときてるように思えます。
キノコ狩りばかりとは言え曲がりなりにもモンスターハンターのつもりなので機会があればちゃんとモンスターも狩ってるんですよ。ジャンボ村の周囲に住まうモンスター達はミナガルデよりも多種多様。石を投げればランポスにぶつかると言われるランポスはもちろんのこと、ドスランポスにドスファンゴ、あ、これファンゴの大きいやつです。それに見たこともない蟹や猿のようなモンスターとも戦いました。海沿いの密林地帯は見晴らしも良くぼや〜っと見てたら背後から叩かれたって感じなんですけどね。
そえばメルの宿敵…とは言いすぎですがイァンクックも仕留めたんですよ。赤いのと、それに青いのも。ミナガルデほどに亜種の青は珍しくないらしく、今だ村の付近しか行けないメルでも逢う事が出来ましたよ。
百に届くかと言うくらいに狩ったクックですがジャンボ村に来て初めて遭遇したクックを見て、ココット村で初めて対峙したクックのことを思い出しました。あの時のように林の影からいっちゃんやサンクがポンと飛び出してくるんじゃないかな?なんて思ってちょっと懐かしく…そんで独りである事を寂しく感じました。あ、これ泣き言じゃないです、うん大丈夫。独りでもちゃんと狩りは出来たもの。
まだ「ハンターとは何か」の答えは見えません。だけどこの生活はとても性に合ってる事だけは感じます。またここでもみんなと狩りが出来ればいいなぁ…なんて思いながら。

追伸:
村長さんが言ってたんですがジャンボ村近郊の砂漠へのルートが開けたみたいです。さっそく準備を整えメルの新しい武器「ハンターボウII」を担いで狩りに出掛けてきます。また手紙書きます。それまでお元気で。


TOP