イルミナスの野暮。

 PSUイルミナスの野望(オフライン)、全部Cランクでの挑戦だったのでサクサクと終わりました。なんていうか教官棒立ち、されどメルのラフォイエとラゾンテだけで瞬さ…いやいや、駆け出しガーディアンズのメルが上手くミッションをこなせたのも、教官ライアさんのおかげです。そんな活躍ぶりを少し紹介です(以下若干のネタバレ?かも?!)
» イルミナスの野暮。 …の続きを読む

居る意味なす。

 「俺たちは実験動物じゃない!」てなセリフも懐かしい…そんな事で意志も弱く「PSUイルミナスの野望」やってみました。はっきり言って新コスと新髪型にだけしか興味がなかったのですが…これがそのゲームとして案外面白い。なんていうか単に「相当駄目」だったのがまあ「それなり」になっただけなんですが相当に良くなったように感じる次第でして。まるで映画版のジャイアンのようにね。

けろ的イルミナス感想、続きはWEBで!

» 居る意味なす。 …の続きを読む

帰郷。

3月末のアカウント切替のゴタゴタからずっとやってなかったPSU。思うところあって(メルにスマーティアを着せてみたかっただけですが)ライセンスを久しぶりに購入して繋いでみました。…予想はしてましたがパトカにアクティブ表示される知人は激減、というかその段階では一人でした。その人はレベルもずいぶんと上がっていたのでずっとやってたのかな~と思いつつも、久しぶりだし、ミッション中の挨拶ってもしかしたらお邪魔かも?て思ってこそこそと服屋さんを巡っているとその人が逆にメールを送ってくれました。「おひさしぶり~w」みたいな感じのメール。少しだけ照れくさくて、「ばれた~」みたいな照れ隠し返事したけどなんか嬉しかったです。無性に。

しばらくウロウロしてるとまたメール。みんなが大好きなあの人からネwそしてすぐに逢いに来てくれました。なんでもモバイル?からメルが繋いでるのを見かけて急いで帰ってきてくれたらしく(感激!)、以前にメルが(というか自分が)欲しがってたジャッゴの置物を持ってメルの部屋まで来てくれました。しばし、お互いの近況などをつらつらと…相変わらずで(か弱いとか世迷い事を言ってましたが)何より、またこうして逢えた事が本当に嬉しかったです。

なんでこんなに嬉しく感じるんだろうって考えてみた。やっぱしメールにしても遭いに来てくれるにしても、そこには「メル」へと言う気持ちがあって「メル」個人へのアクションがそこにあるからね。わざわざ自分のやってる事を一時中断し…言うなればメルの為だけに…だからこんなにも嬉しいのかな~って思いました。久しぶりに繋いでみて再認識、不思議とPSU(PSO)はその嬉しさを非常に感じさせてくれるのです。

目の前で貴方がおしゃべりする姿。見てるだけで凄く幸せな気分になるね。フキダシの力、あなどりがたし。

追記:白Sさんは赤Sさんになってました。真っ赤でした。返り血?

なかなか良いよ、イベントミッション

 昨日から配信中のPSU期間限定(?)ミッション、「炎の絶対防衛戦」を楽しんでおります。オフで出てきた浄化作業をオンラインで協力してやりましょーって感じのミッションで、前にけろさんが書いてたヘゲミッションみたいに、ルーチンワーク化するまでの試行錯誤の時間が楽しい。
 特にパルムの浄化は制限時間がシビアっぽく、とりあえず3分台のクリアタイムではミッション評価Cしか取れないぐらい。でも、きっと抜け穴があると信じていざ×メルの居残りプレイ。二人でなんとか2分29秒を記録して見事「S」評価をゲットする事に成功しましたヽ(´ワ`)ノ(ミッションランクはCだったけどね)
そんなわけで、記念カキコと記念撮影。

ていうか、全然記念撮影じゃないよ!ていう突っ込みは受け付けませんので悪しからずご了承下さい。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします(ソニチ風

新フリト練習がてら・・・。

今夜のPSU…話題は某SEGAの某アップルシードEXについた酷評についてだった。
(一部フィクションあり)

メル(以下M)「…てな訳でさスゴイ評価だったんよ。あんなの初めて見た。」
じじ(以下G)「ほうほう。ちと調べてみるかの。」(たぶんググってる)
いざよ(以下I)「にゃは~ん。こんばんわぁ。」

M「スゴイよ。あんな点数見たことない。3・4・4・3て!コメントもさ、スゴイ酷評だしさ。」
G「そじゃの~。こりゃスゴイ。」(淡々とどこかで調べた酷評を読み上げるじじ)
I「なんか”修羅の門”以来のスゴイ評価みたいだね。」(マニアックないざよ)

G「いっちゃんのいうてた”某SEGAにはもうバイトしか居ない”説も信憑性が増してきたのぅ。」
I「むふふ。ありえなくもないねぇ。なんかメッセンジャの調子悪いなぁ…。」(がさがさ)

M「…いやちょっと待って?じじ、いっちゃん…この点数には何か法則性が見られない?」
G・I「「…法則性?」」
M「うん、…単に数字の羅列のように見えるけどどこかで見た覚えが。」

M「…そうか!そうゆうことだったのか!!」
I「え?なに?どうしたのめるちゃん。」
M「いい?この数字を見てめるは恐ろしい仮説を立ててしまったよ。全ての謎は発売元である某SEGAに関係していたんだ。某SEGAと酷評…なにか思い当たるふしがない?」
G「酷評?…某SEGA…PS…某ファンタシースターユニバース!」
M「そう!じじ!!・・・3443この数字が意味するところは実はそこに関係があったんだよ!」
I「ちょっと待ってめるちゃん。わからないわ、それは一体…。」

M「…変換してみるよ。いい?3はミともサンとも読めるよね。そして4はヨンそれにシとも。」
I・G「「・・・。」」
M「並び順に読み替えるとミ・ヨ・シ・サン…そう!(某)見吉さんになるんだよ!!」
I・G「「 なんだってぇー!!! 」」
M「…める達はとんでもない考え違いをしていたんだよ。いっちゃん。あれは某アップルシードに対する酷評なんかではなく…。」
I「そ…そんな恐ろしい情報操作が…。」
M「クリエイターにセンスがないと言い放つコメントもあるし。ここまで来ると偶然ではない…もはや”必然”…。」
G「わしたちは…遅すぎてしまったというのか…。」

M「いや!諦めない!それがめる達に出来る唯一の戦いなんだよ…。」
 

…というような会話をしてはミッションをしない日々が続く…。それがイーサンクオリティ。

ぷすよん3。

ぷすよん-02
ネタの提供はラベンダー嬢。

ヤツことブルース。へゲとかハゲとかカニとかメギドとか言われて可哀想だな。あ!そう言えばカニとメギドは言われてなかった!

ぷすよん2。

ぷすよん-01
某そじさんイメージ回復月間なので!(勝手にスタート)
2話目も某そじさんネタで!
「ぷすよん」言いながらほんとはPSU関係ないよね〜
…あれって某そじさんのキャラ特性だし?

いざめる語録1:カニメギド(名・形)〔心〕
〔1〕そじさんはカニとメギドが大好きなのでいっそ二つ一緒にしてしまえという親心。
〔2〕なんかそゆテクニックを使いそうだ、いや使えばいいのにという願いから。
〔3〕カニとメギドってまったく関係ないよね、なさま。
「−な生き様だ」「−を食らわすぞ」「むしろ−ですよね?」

試験的に…ぷすよん。

ぷすよん-test
メギドを育てるそふぃさん(黒いほう)…
メギドってどうみても可愛くはないと思うのですが…(笑)

PSOからPSUに舞台を移してもあいかわらず
そじさん(Lv70)は愛すべきいぢられキャラなのですが
すぐ「ガー」モードでしゃべるのが怖イメージ定着の原因かと?!w

PSUは「にょにょにょにょ〜」と「ガー!」二つのフキダシが
増えただけでも感情表現がとても豊かになりました

追記:なんかめさめさ久しぶりにタブレットペンを握りました。

何度目かの別れ。

 週末は良く深夜遅くまで、いや早朝早くまでと言っても過言ではないほどついつい話し込んでしまう古き良きPSO時代よりの友人。その彼からちょっと来て欲しいって言われたので行ったんですよ「マイルーム」にね。そしたら今日でグラール太陽系に留まる事を中断(というよりも退去色が強いけど)するらしい旨のお話でした。そいった訳で先ほどコレで何回目に(何個目のゲームに)なるだろうか?の別れを済ませて来ました。
 まあなんだ、おかげさまでゲームだけの繋がりじゃないし連絡取る方法は確保してるのでお付き合いは続いていくと思ってますけどもやっぱし「お別れ」自体は寂しいものでしてね。特に今回は次はあそこで会いましょうね〜という場所が見えないそんなお別れ。なんか凄く遠くに行ってしまうように感じます。そんな事はないはずとは思うんだけどね。う〜ん…何度経験してもやっぱし慣れないなぁ。特に見送る側のお別れは…。とにもかくにも、グラールではしばしのお別れです…最後までいろいろとありがとね〜。またどこかで〜。(←某MSNメッセとかすぐに出来ます、オススメです)

満月たんこそこそ育つ。

 近頃、皆が居ない時とかにこっそり(でもないけど)ソロプレイで満月(現在ハンター)を育ててますよ。一人でやってると普段のごり押しプレイが出来なくてメンドイのですが一人だとすぐ囲まれちゃうので色々と小細工したりするのが面白いです。誰も助けてくれないのでモノメイトかじってるあたりがけなげでねぇ…。
 得物はセイバー系(氷/雷)・ツインセイバー系(氷/雷)・ハンドガン系(氷/雷)でしてオンのストーリーミッション進めたり(個人的に「満月=訓練生」てのが似合うのです)一人でモトゥブの鉱山行ったり草原ドラゴン倒したり(ニューディズは状態異常が怖いらしい)…とめると違って頑張り屋さん。装備類をめるが調達しているんですが(そのかわり素材を根こそぎ奪ってるあたりエグい)そのせいか無駄使いを一切しないので案外お金持ち…。いつかダブルセイバー買えるとええね〜と思いながらやってます。まずは転職出来るように頑張ろう〜。

 そえば満月プレイ中に一人パルム東地区を歩いてると(正確には通信エラーでミッションから振り落とされて戻ってきた…ですがw)と「こんにちわ」と話し掛けられました。「いっしょにどうですか?」とPSU始めて二日目の人に。凄く勇気があるなぁと思って草原ミッションをご一緒させて頂きました。いろいろと質問されたりで微笑ましく、でもなんか久しぶりにドキドキしましたね〜柄にもなく。

追記
44%の成功確率を乗り越えて出来た「ブドゥキ・ハドック」は強化2→3で一度もフォトン弾を吐き出す事無くぶっ壊れました。クバラ2→3はめるには鬼門。


TOP