七夕夜祭

頭上に広がる満天の星空。煌き、瞬き、降り注ぐ星達。ただ見上げているだけでなにか語りかけてくるような優しい光。フッと意識が吸い込まれていくようなそんな錯覚に囚われる星明りだけの暗闇。山猫亭での七夕祭りの中、誰かが「本物の星を見に行こう」と提案し揃って繰り出したラグオルの孤島。それぞれ、砂浜で語り合いながら空を仰ぐもの。一人物思いにふけ空を見上げるもの。酔いつぶれて砂浜に寝転がるもの。そんな中二人は高台に上り何も語らず何も聴かずにただ星を見ていた。
「…あ!今星が流れたね。見た?」
「うん。」
眺めているうちにメルは少しだけ寂しくなったので口を開く。
「なんかね。星の光って綺麗で優しげなんだけどちょっと寂しいね。」
「そだねぇ。やっぱりあの光はここから凄く離れた場所からの光だからなのかな?」
「距離もあるけどあの光は過去の光であれを放ってる星は今もう無いのかも?とか聞いたりするとねぇ…。」
「ほむ。でも光ってるのは確かに今だしあれが過去の光って言われたってピンと来ないことない?」
「ん~昔の光で今光ってる…むぅなんかわかんなくなっちゃうね。まあ見えないからいいか。たった今、光ってるってことで。」
「そだねぇ、くすくす。」
そしてまたしばしの静寂が訪れる。こんな静かでゆっくりした夜を過ごすのは久しぶりだった。
しばらくして今度はイザヨイが口を開く。
「ねぇめるちゃん?私がさ、もしココに居なくてもこの世界は好き?」
「ん~どしたの突然。そんなこと無いから大丈夫だもん。」
メルの自信満々な表情を見ながらイザヨイはむふふと笑いもう一度問い掛ける。
「まあ例えばって話。んでどお?この世界は好き?」
「いっちゃんが居ない世界かぁ…そんな世界は嫌い!…と言いたいとこだけど、ごめんね。たぶん好きだと思うよ。」
イザヨイはホッとした表情でにっこりと微笑む。
「よかった。今日星を見てて私ずっと思ってたんだよね。私とめるちゃんが例えば星だったとしてさ光の届く時間や距離ってのは…やっぱし違うんだよね。あの星と~、あ、あの星。あの二つのように今は同じように輝いててもね。」
「…うん。」
メルは星を眺めたままこくりと頷く。
「めるちゃんがニューマンだからって訳じゃないよ。誰だって同じようには輝かないのが当たり前なんだからね。」
イザヨイは続ける。
「でさやっぱしきっと…ちょっと寂しいけどこの先、私が輝かない星になってもめるちゃんはきっとこの世界で輝いてるはず。というかこの世界を嫌いにならずに輝いていてほしいなって思ってね。」
メルは少し哀しげな表情をしたがすぐに笑顔になる。そして。
「大丈夫だよ。もしいっちゃんが居なくなっ…いや輝かなくなったとしてもめるにはそんなことわかんないし、見えないし、見ないし。めるの見上げる星、うふふ…「いっちゃん星」ね。それはずっとずっと永遠に輝きつづけるよ。この夜空の星達と同じようにあの光が過去のものだろうとめるの目にはたしかに今の光として輝きつづけてるんだもの。」

今日のMH
サンクの未完クエ中心にごー。まずは焼肉クエ。サンク・つーさん・レイさんで。生肉を集める途中になんか邪魔する奴がいるので倒してみたらあら、クックたん…。んでもって今度は本格的についでとかじゃなくてクックたん~…ぶすり。ここでいざよ様が現れてクリスタルハンティングに。げりょーすをば倒しつつ上手く運搬出来ました。んで悪ソフィさん自己紹介コメントを変えて登場。やっぱ「お淑やか」は無理があるという事ですな?…げふん。んでいっちゃんと日課のアレを。アレって言うのはちょうど今ごろの時期に気圧と風向き、それに気温がある条件を満たした時に起こる現象の一つ、「クックタントバーツ現象」ですな。油断いうかなんとゆうか…めるが一回死亡したのがいかにも死にマニアらしいていたらくでした。んで後はお話して今日のクエストはおしまい。久しぶりに装備品(艶【篭手】)を購入したのでまた貧乏になりました。

七夕って浴衣着てるよな、呑み屋のねーちゃん。

「なあ~メルちゃんよ~。やっぱあれかい?メルちゃんの織姫はイザヨイ嬢ちゃんって話か?」
アーバインは山猫亭カウンターに座るメルに問い掛けた。当のメルは一生懸命短冊に何か書いてたがむくりと顔を上げるとアーバインを見る。
「や~だよ。織姫様はいっちゃんじゃないもんね~。」
メルはべーとアーバインに舌を見せると短冊にまた目線を戻す。
「なんだよぅ。冷てぇな~。ああ、んじゃメルちゃんが織姫でイザヨイ嬢が彦星か?」
今度は視線すら上げずメルは答える。
「ちがうってば~。めるもいっちゃんはそんなんじゃないよ。」
短冊に太マジックで何かを書いてたメルはキャップをペンに戻すと満足げに玄関先に飾られた笹に向かう。アーバインはメルの短冊を覗こうとするがメルはアーバインに見られないよう後ろ手に隠しながら笹の手近にあった椅子を掴む。その姿を見ながらアーバインは腕を組むとにんまりと呟く。
「なんていうのかねぇ?ロマンチックに例えたりしないものかねぇ?」
ガタガタと椅子を運んで行き、その上に不安定に乗りながらも一番天辺に今しがた願いを込めた短冊を取り付けるメル。誰にも見えないように、笹の間に隠すように。ぴょんと椅子から飛び降りるとメルはアーバインに笑顔を向けた。
「…想いは件のお二人さんの如く、二人を隔てる天を越えってね…それはいいんだけどさ一年に一度しか逢えない二人になんかなりたくないもんね。いつだって一緒に居たいから…ね。」

今日のMH
呑み会で若干遅めに繋ぐと一人でクエ中のいっちゃんみっけ。酒場で待ってるとブランカさんがやってくると同時にいっちゃんも戻ってきたので三人でハードフルフル討伐に。(ツーさんも挨拶だけに来てました)時間も遅かったので皆眠い眼を擦りつつでしたが(なら寝れよとかいうのは駄目)討伐成功。ひさしぶりにメルの死にマニアっぷり発揮でしたがいっちゃんに待望のアルピノの中落ちがデターキター。フルフルG装備が整ったようでした。
んで眠いねぇ~って話してると悪い方のソフィさんが登場~。ソフィさんの嘘のコメント(お淑やか)に苦情が殺到しながらもそれじゃということで今日の締めをいっちゃんがクエストボードにぺたり。ぺタった内容はフランスボルドー地方の小さなワイナリーに伝わる葡萄の収穫期に今年の豊穣に感謝しそして来年の豊作を祈る祭「クックたん感謝祭」でした。結果としてはソフィさんが作ったばかりの「豪槍グラビモス」の凄い毒を用いて凄いチョップで殺したってことが後世に伝えられたとか伝えられないとか…。まあ冗談はさておき締めは槍1+ヘヴィボウガン3だったんですがスリーガンナーズの火力で翻弄されるクックたんは枯れ行く古木ににも似て。(←文学的な締め)

フリトなのにMH日記…

毎日暑いですが頑張って乗り切りましょうね~(え?それだけ?)
暑い夏と言えばお絵描きBBSで毎年恒例の水着祭り微妙に開催中です
奮って参加(カキコ&レスだけでも)してくださると嬉しい悲鳴が!ウレキャー!!

今日のMH
接続してすぐソフィーズとゲリョスいぢり。悪そふぃさんは「毒」が好きなのです、大好きなのです。白そふぃさんが言うたから間違いない。んでレイさん、けでぃさん、ブランカさんと黒龍3連戦。一発死なので激しく(精神的に)疲れました。若干ズルっぽい強さ(攻撃力)が嫌いかも。(強い=即死の図式はどうにも嫌い)あとホスカー氏にツーさんで今日は珍しく街が知り合いだけで8人定員いっぱいになるという珍事がございました。おかげでサンクといっちゃんが入れなかったりしてたみたいです。んで最後にいっちゃんと二人になったので例のアレです。アレとは四国地方で口伝される秘儀を用い豊作を祈って執り行われる「クックたん奉納祭」(開催期間:7月上旬~飽きるまで)です。まあサクっと。しみじみ(クックたん相手とは言え)「める達も強くなったよねぇ。」と言うてたら「そだねぇ。」と言いながらもいっちゃんに本人ごと大タル爆弾で吹き飛ばされました。ほんと爆弾好きな~w

【本日の嗜好品情報まとめ】
・毒    →悪そふぃさん
・タル爆弾 →いっちゃん
・クック祭 →める
・裸で生きた→サンク

最近のハナシとか

 や~、なんつ~かもう7月に入って、梅雨明け宣言はまだ耳にしてないけど、ギラギラと照りつける太陽が「夏」を強調してるかのような日が続いております(が、ヒキコモリで白い肌です)。

 そんなヒキコモリ中、なんか色々と物が増えてます、こんなの(コメントにはネタバレを含んでいるものもあるので、注意です)

▽DVD
・ファインディング ニモ
 連れ去られた家族を探すべく、立ちふさがる強敵を振り払い大海を駆け回る「父親」の物語。自分は「母を訪ねて三千里」を思い浮かべてたけど父が息子を探す話とは思いもしなかった(笑
 劇中で「おや?」っと疑問に思った部分が話の「オチ」として使われていたのが笑えて良かった。

・トゥルーマンショー
 自分、結構「ジム=キャリー」という役者さん好きで、一度は見てみたいと思っていた作品。細かいアラ(個人的なレベル)とかが気になる事はあったけど、普通に楽しめた。

・フォレストガンプ
 こういう話は大好き。主人公のフォレストの生きた道(人生)にいろんな有名人との接点が描かれてたりしてそういうのがニヤリと出来たり。ラスト近くのシーンでは「ホロリ」ときました。まさに「一期一会」

▽書籍
・モンスターハンター ハンター大全
 相方管理人のけろさん推薦の一冊。実際買って正解だった一品。これで「くっくたん」が楽描ける!と思った途端、タブレット昇天(会社のだけど自宅ので代用したため、自宅から消えました)、涙ナシには語れない・・・水着祭り参加したーいヽ(`Д´)ノ

・RAINVOW 1~5 安部譲二(原作)柿崎正澄(作画)
 1~5までで第一部完結。本屋で見本書をパラリとめくって思わずハマったですよ。少年院で繰り広げられる主人公達の涙と友情の物語。こういうストレートな作品好きだなぁ。

・いばらの王 1~3 岩原裕二(著)
 これは新書の帯に騙されて購入。ハナシ的にはサバイバル・サスペンス?(適当)古城に閉じ込められた人たちは無事に脱出できるのか!?って内容のはずだけど、読者に語られていない謎の世界背景を徐々に小出しにしてきたところでソロソロお腹いっぱいになってきました。話の続きは気になるので惰性で購入は続くでしょう(笑

 で、今年一番の買い物ははやり!マイカーでしょうヽ(´▽`)ノ
金額的にもこれ以上のものは今年いっぱい絶対無いと思われます。っていうか、まだ支払ってないけど納車(引渡し)は今週の土曜日ですよ!もう今から楽しみで楽しみで浮き足立って仕事も手につきません(←いつもの事です)

 そんなわけで、早く週末にならないかなぁ~ヽ(´▽`)ノ

明日はちゃんとしますから…

♪きよし~この夜~星は~ひかり~…
はっ!しまった今日クリスマスじゃないや!間違えた(そんなことあるかい)

今日のMH
ホスカー氏とディアブロス・レウスと続けて討伐失敗。ここでブランカさん助っ人に現れまずはクック!んでその後レウスにリベンジ成功。この辺でめるの経験149999でストップいたしました。ハードラオ倒さんとL20にはなれないようです。しかしリベンジしたレウス、ヘコヘコなってからが激しくタフやったですよ。ナイスガッツ!
そこでサンクが(やっと)服着て登場。頭の飾りを引っ張りたい服でしたがサンク未完クエのドスランボス討伐に出掛けて、ついで?にもっかいレウスも倒す。んでごにょごにょしてからメンバーいっちゃんとレイさんそれにブランカさんの四人メンバーに代わり、いっちゃんのグラビ翼狙いでグラビモスに行く。そいえば出たのかな?
で時間も押し迫ったので寝ればよかったのですがついつい東北地方に古くから伝わる「クックたん締め」を敢行。ガンナー四人で取り囲み散弾撃ちまくりでクックたんは成すすべもなく細切れになってしまいました。今日は3匹のクックたんが天に召されましたが最後のクックたんが一番憐れでした…合掌。

転んでも泣かない!

楽し~楽し~と突っ走ってふと振り返ると誰も居ないってことだけにはならないようにしないとねぇ…メルもわしも。
もう既に居なかったり…

今日のMH
サンクを強制召還。んでリアル仕事前の悪そふぃさんと共に森へキノコ狩りに。メルがすごい可愛らしくキノコを採集しているとその隙に悪そふぃさんはゲリョスさん(怖い顔なので「さん」付け)へナイスチョップ。キノコを納品するクエなのに血に飢えた狼はゲリョスを食い尽くしてから静かにリアル仕事へ行きました(休日なのにお疲れ様です)。ぐるるるるる。んでサンク未完クエを森から攻める。森と言えばクックたんは外せませんね。きゃっつめをハンマーでぶん殴って埋めてやりました。んでブランカさんも来て助っ人おけーとのことだったのでサンクめに超スパルタで星2のクエまではクリアさせてしまおうと思ってたんですが目を離した隙に逃げ帰ってしまいましたw

夜は~ソフィーズとレイさんと四人で電撃クエのフルフル捕獲からすたーとぅ。大タル爆弾6+拡散L2という名付けて「超豪華悪ソフィだらけの殺戮大会」という名のトラップでフルフルの奴を開幕から凹ましました。その後は順調に突いたり斬ったり撃ったりして弱らせて捕獲成功。こないだから数えて通算5回目にしてやっとです。なかなか手強いクエでした。んでここでソフィーズは流浪の旅へ。レイさんとお話してるといっちゃん来たのでめる未完の星5卵運搬へ。まあ無難に成功したんですがこの後いっちゃんが眠いって事でなんとなく流れ解散になりました。

追記:流れ解散前にツーさんも来たよ。うひひ。

寝不足

完全に寝不足みたいです。眠くて眠くてw

今日のMH
一人で簡単なクエをつらつらとやってるとスプリガンさんとこのブランカさんが来たのでハードグラビモス討伐。クエスラ女将は次元のハザマに消えちゃったらしくてその後、サンク(裸)が現れたのでサンク未完の星1クエなどを中心にちょめちょめ。ここでどうにも眠くなったので落ち。今日妙に淡白なフリートークになった理由は推して知るべしw


TOP